手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 3話ネタバレと感想

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 2話おさらい

遂に娘に手をだしてしまった父(俊樹)はパンツに手を伸ばす!!

露わになったおまんこを弄ると娘は抵抗しながらも感じてしまう。

快感を得ると娘のおまんこは徐々に濡れていく・・

そんなおまんこを前にして挿入せずにはいられない!!

父(俊樹)はおちんぽを露わにして、ゆっくりと娘の処女まんこに挿入していく・・・。

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 3話ネタバレ

 

娘の時には生じることのなかった「性欲」が、血がつながっていないことが判明した瞬間に爆発し、今はただその感情だけで動いてしまう父(俊樹)。

その性欲は半端な物ではなく、父の理性を忘れさせるほどである。

娘(陽葵)を仰向けにして、後ろからチンポを挿入する!!

「ズポッズポッズポッ!!」

「あああんっ!!」

「ヤルために育ててきたんだぞ!」

エッチな言葉で娘を煽りつつ膣の奥の方までガンガン突く!

奥を突かれた娘はびくびく感じてしまう。

自分の娘だと思っていたから大事に育ててきた。

金も時間もかけてきた。

しかし、娘は赤の他人だった・・。

その気持ちを後ろめに娘を犯しまくる!

ついには・・・

「どぴゅっどぴゅっ」

二発目の中出しをしてしまった。

しかし・・・父(俊樹)の性欲は留まることをしらない!

もう手を出してしまったんだ。

とことんやってやる!!

父(俊樹)は娘を横向きにしてチンポを挿入しなおす!!

娘(陽葵)はバドミントンで鍛えているため、パンパンで引き締まった太ももをしている。

そんなエッチな太ももを鷲掴みにし

「昔はおむつ交換で股を広げてたなあ」

と言葉責めしながらおまんこをつく!!

「あんっ//いやぁあ」

エッチな声を挙げながら感じてしまう。

突かれながらクリトリスを触られる。

「ちゅくちゅくちゅくっ!!」

「ひゃああぁぁんっ//」

ガクガク小刻みに震えながら感じてしまう。

「ん~//」

父(俊樹)は

「おおおぁぁぁ~!!!」

「どぴゅどぴゅっ!!」

またもや中出ししてしまう。

もう3回目だ。

「はぁはぁ・・」

・・・・・・・・。

3度目の射精を終えると、やっと冷静になった。

娘(陽葵)は泣いている。

そんな娘を横目に父(俊樹)は服を着てどこかに向かうようだ。

そう・・「警察」である。

理性がなくなっていたとはいえ、やってはいけないことをやってしまった。もう家に居続けることはできない。

最後の置手紙を置いて家から出ていく。

すると・・・・バンっ!!(ドアが開く音)

「まってぇ!!」

警察に行こうとする父を引きとめる娘(陽葵)。

いきなりエッチなことをされて動揺はしてしまったけど、怒ってないから気にしてないから戻ってきてほしい。また、一緒に暮らしてほしい。

顔を赤らめながらそんな思いを伝える。

父(俊樹)はどうする・・・!?

第4話に続く

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 4話ネタバレと感想

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 3話を読んだ感想

第3話読み終わりました。

いやー、父(俊樹)は娘にエッチな事をしている間ずっと言葉責めをするんですよ。

そのシチュエーションがたまらないです。

男なら誰もがしてみたい、又はしたことがあるんじゃないでしょうか?

「ここが気持ちいいんだろ?」

「声でちゃってるぞ?」

等S気を出しながらプレイはたまりません。

(4話からはM要素もあります)

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 3話の見どころ

3話の見どころは「エッチな陽葵」です!

まぁ、いつもと同じですね(笑)

バトミントンで鍛えた足がむちむちでたまらなくエロいです。

元々女子高生なので若さがあってピチピチボディの持ち主なんですが、それがバドミントンのおかげでさらに引き締まっています!!

管理人もあんな太もも鷲掴みにしてみたいものです(笑)

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 4話について

4話では、娘が大胆な行動に出ます。

1~3話で犯されてしまった娘は、そんな父親を否定せず受け入れます。

家に戻ってきた父親に対し、また家を出ていかないように自らの肉体を差し出すのです。

父親が気持ち良くなるように・・

父親が私を求めてくれるように・・

喜んでくれるように・・

そんな思いを込めエッチなことを・・・

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 4話ネタバレと感想

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です